Home チャネリングとは? 私たちのチャネラー 私たちについて Contact


Home > 日本語 > 8月18日 マシュー君のメッセージ



8月18日 マシュー君のメッセージ

ここにいる全てのソウルから愛をこめて挨拶をします。マシューです。あなたたちからの質問のほとんどがトランプアメリカ大統領とロシアの大統領ウラジーミル・プーチンの秘密会談に関してのものでした。ですからこの話題から始めます。二人の間で交わされた会談のなかで、もっとも重要な情報は秘密にされなければならない内容でしたので、通訳と本人たちだけの会合にしなければいけませんでした。情報機関のET特別部隊の隊員が私たちに話したことは、ロシアはイルミナティの人道に対する罪の証拠に関して、無数のコンピュータファイルや通話記録を持っているそうです。

世界で最も権力があり豊富な知識を持つ人の一人であるプーチンは、そのような犯罪者を秘密裏に逮捕し訴求するグループのリーダーであるので、そうした証拠集めはとても重要なのです。二人の大統領のほかに、政府機関や経済界、司法局、企業、軍隊、宗教団体や、それにメディなどが関連している、かなり大規模な情報収集ですので、すべてが出そろうまでは、プーチンとトランプのヘルシンキ会談を公にするわけにはいかないのです。

イルミナティのトップも、何かが起こっていると感じてはいます。イルミナティの下部のものが起こした問題をプーチンのせいにする行為は、プーチンが彼らの仲間になることを何度も拒否したことへの報復でした。でも今では、プーチンとロシアを悪者にすることは、イルミナティにとって急務なこととなりました。「アメリカの2016年の大統領選挙でのロシアの干渉」や「ソーシャルメディアを使って投票者の間に分断を引き起こしている」というプロパガンダは「ロシアはすべての民主国家の選挙を操作しようとしている」や「プーチンはサイバースペース戦争を始めている」「ロシアは電力配線網を停止させ大混乱を起こすことができる」まで発展しました。

反ロシアのプロパガンダのレベルを上げた目的は、ロシアからの情報は信用できない、プーチンの言うことは全く信用できないと、人々に信じ込ませることです。そうすることによって、上記の証拠が世に出たときに、それを無視させようとしているのです。(そうした証拠が公開されたときには)大衆はイルミナティの思惑通りの反応を示すでしょうし、イルミナティもそうした事実を猛烈に否定するでしょう。でも最終的には、真実と正義が勝利します。万一そのような人たちが逮捕されたり訴追されたことを聞いたり読んだりしても、自分でしっかり事実を見極めてください。そのような情報にも真実であったり、そうでないものがあります。イルミナティが支配するメディアは、真実な情報をただの 「陰謀説」として報道します。

上昇し続けている波動は、イルミナティの長期にわたるごまかしによる支配と、悪意を持った国際帝国を通じての世界征服を終わらすために、多くの人たちが団結して努力する下支えになっています。しかしながら、その国際帝国がただのほこりと瓦礫と化した時に、多くの人たちには、経済崩壊と社会的操作の影響がしばらく続くでしょうし、独裁政治により抑圧され続ける人も多くいるでしょう。ライトワーカーとしてのあなたたちの使命はとても重要であることには変わりがありません。あなたたちは、思考や、感情それに行為をもって常に愛の光を送り続けることです。さらに、地球が金色の光に浸っている姿を想いうかべることによって、すべての人々が自由の身を喜び、世界の裕福さを分かち合 う日の到来を早めることができるのです。

それでは、いつものように、あなたたちが興味を示している、世界で起きている出来事について話をしたいと思います。宇宙の規則に沿うあなたたちの行為や、地球や個人のアセンションは、あなたたちの意識を高めます。それに、私たちのメッセージの目的は、あなたが知るべき、同じように重要な他のことについても解明することなのです。そして、スピリチュアルなものに関するすべてのコメントや質問を歓迎します。

「私は、自分の事を人の身体を持った魂/ソウルである理解しています。その逆の「ソウルを持った身体」だとは思っていません。問題なのは、いったいソウルとは何なのか、何をするものなのか、どこから来たのか、ということなのです。超自然的な話題について話の出来る数人の人とその話をしたのですが、彼らもわかっていないようです。この神秘的なソウルについてマシューさんの話を聞かせてください」

では、その「神秘」を解くために、できる限り努力をしてみます。ソウルは創造主、創造物の創造主、つまり存在するすべてのものの「根源」です。創造物とは創造行動の「産物」なのです。簡単に言うと、創造主です。この「究極の宇宙の存在」を言い表す言葉としてほかには「総体」「存在するすべてのもの」「神自身」や「すべてのものの統一体」などがあります。こうした呼び方をひとまとめにして、大抵の人は神と呼び、宇宙の最高の存在体であるこのソウルを、様々な宗教がそれぞれの名前を付けています。それは、宗教では主と創造主は同じものだとし、あなたたちの科学ではUniverse(宇宙)とCosmos(訳注:秩序ある調和のとれた宇宙)の違いが区別できないからです。Cosmosは現在のところ計り知れない大きさを持つ七つのUniverseがから成り立っています。

創造主が最初に自身を表現した以前に、何が存在したのかは私たちにはわかりません。最初の創造主自身の表現とは、私たちには間違いだと伝えられている、いわゆるビッグバンだと言われます。その表現とは、宇宙の最も強力な力の、静かな発動でした。創造主の純粋な愛の光の本質の発動でした。この莫大で不滅の聖なるエネルギーは、宇宙の意識を構成するものでもあり、創造主の心でもあるもので、それが「始め」であり、宇宙(cosmos)に隈なく存在するすべてのソウル一つ一つを構成するものなのです。

いつの時か、創造主はソウルたちに自由意志と、その本来の創作能力をギフトとして授けました。これがこの宇宙(universe)における生命の基礎なのです。この宇宙では、創造主が宇宙を治めるようにと選んだソウルが神となり、その神は、創造主との神の共同創造力を用いてソウルを創作します。神は、自身の考えたものを、創造主のエネルギーを用いて具現化します。そして神の宇宙の家族であるすべての個々のソウルは、神のミニ宇宙として、それぞれ相対的に神が保持している共同創造能力と同じ能力を持っているのです。

ソウルは肉体をもって生きるか、幽体で生きるか、形のない自由な霊としても生きます。ソウルは「始め」を記憶しており、自らの生涯の役割を知っています。ソウルが肉体を持つ生涯を選択すると、その意識の進化レベルにもよりますが、その肉体は人間のものかもしれないし、他の肉体を持った文明の形をとったり、動物や植物になったり、惑星や太陽やほかの天体になったりします。自らが選択したどんなものになっても、この宇宙のどこに居場所を選んでも、ソウルは神聖で独立した恒久的な存在であり、同時に、神と創造主ばかりか、宇宙(cosmos)に隈なく存在するすべてのソウルたちとエネルギー的に緊密につながっているのです。

では地球レベルのことを話しましょう。ガイアという名のソウルが選んだ体がこの惑星で、現在地球と呼ばれるものです、ガイアは彼女の体の表面や内部に存在するすべてのものの生命の源です。そしてそこで肉体を持つすべてのソウルは、ガイアが、肉体が体験する様々な経験のために共同創作した生命なのです。ソウルが人を作ると、「累積」ソウルとか「親」ソウルとか呼ばれます。そして、同系の、個々のソウルが得たすべての知識は、その系統に属するすべての人が入手できます。人と成ったソウルが子孫を作ると、累積ソウルになります。そしてこの「家族」が増えていくにつけ、家族の新しい構成員が蓄えた知恵や知識や経験の倉庫がその分増大します。

私たちが累積ソウルと言うのは、その人の家系に人が増えていくことを示しています。しかし実際に累積していくものとは「始め」に存在していた知識を少しずつ思い出した、断片的な知識なのです。そうした知識はすべての個々のソウルに内在しているのです。しかし個人はそのことを忘れています。そのため、個人は自由意志を用いて選択行為をするのです。

とは言うものの、ソウルが子孫を放棄するというわけではありません!各個人は、家族の倉庫にあるすべてのものにアクセスできます。地球の文明の集団意識や、この宇宙の集団意識、それにコスモスの意識などといったものへのアクセスです。ですから新しく何かを学ぶというわけではなく、ソウルのレベルで知っていることを思い出し、その知識を肉体での生涯に応用するということなのです。さらに言うと、ソウルは、その人に優れたガイダンスの仕組みを与えます。それは良心とか無限に愛する能力、自尊心、生存本能、直感、霊感、創作力(芸術的表現のすべてはソウルからのものです)といったものや、テレパシーで交信する能力や、他の超常的なことをすることなどです。そうした情報源にア クセスできるかどうかはその人の意識の自覚レベルによります。ガイダンスの仕組みの恩恵を受けられるかどうかは、その人の自由意志がそれを選択するかどうかで決まります。

幾つかのソウルが、生涯を繰り返して何度も集団でで経験することを選択したら、それはソウル集団と呼ばれます。集団内の人数には集団によって大きな差があります。集団のソウルの数が数千に達すれば、ある特定の生涯を同時に経験するソウルの数は比較的少なくなります。同じ生涯を同時に経験するソウルたちは、それぞれの役割に関する契約を結びます。そうした役割には両親や子供、祖父母、兄弟姉妹、親戚、配偶者、先生、雇い主、友人、ビジネス仲間、競争相手などがあります。世代の違いの組み合わせも簡単にできます。ソウルは時間が無い世界で存続するからです。時間のない世界では、すべての生涯が同時に起きています。そして集団で結ぶ契約は、そのグループの、生まれてくる前の 同意となります。その同意は無条件の愛に基づいているし、参加したソウル全員が成長できるように仕組まれています。カルマからの学びです。ソウルの中には「重い」役割を受け持つことに同意し、グループ内の他の人たちが、別の生涯での経験とのバランスをとるための環境を提供する人もいます。そのような人は霊的に成長するし、意識の自覚も拡大しますし、ほかのすべての人たちも同様に成長します。

たとえ肉体が粉々に吹き飛ばされたり、病魔に襲われたとしても、ソウルが傷つくことはありません。妊娠中絶されても悪影響が出ることはありません。そのようなシナリオに同意した女性の役割を演じているソウルは、それに関連する様々な感情を経験するという選択をしたのかもしれません。そうした自らの選択を十分承知の上で胎児の中に入った後に、その胎児から出て別のソウルが入ります。そうすることで二人ともその女性が感じていることと同じことを経験できます。短い間、胎児の中にいたことにより、この二つのソウルは、このような感情を生涯かかって経験することと同様な経験ができるのです。

ソウルには別の重要な側面があります。神は普通「彼」と呼ばれますが、実際は両性なのです。女性エネルギーと男性エネルギーのバランスが完璧です。すべてのソウルたちも男性と女性のエネルギーを持っていますが、どちらか一方が優勢で、進化するにつけバランスが取れていきます。例えば、ガイアは女性エネルギーが優勢ですし、火星と呼ばれている惑星のソウルは男性エネルギーが優勢です。

人にも同様なエネルギーがありますが、その度合いは人によって様々です。肉体には、ソウルと違って性別があり性指向もあります。こうしたものは、その生涯でソウルが何を経験したいかによって選択されます。女性エネルギーが優勢なゲイの男性は、女性エネルギーによって優しくて思いやりのある性質となり、独断的で攻撃的な男性や女性であった時の生涯とのバランスが取れます。男性の体に生まれた人が、精神的にも感情的にも女性であることはあり得ます。そうした間違った組み合わせを正すことを、あなたたちはトランスジェンダーと呼びます。そうした人には、同性愛を自然な生活とする生涯の選択もあります。すべてのソウルの、肉体を持った生涯の目的は、バランスの取れた経験をする ことです。肉体を持った生涯を何百回、何千回と繰り返すソウルもありますが、繰り返した数に関係なく、人は、ほかのソウルとは独立しているのですが、エネルギー的にはみんなとつながっているソウルなのです。

一つの生涯が終わり次の生涯を始めるまでは、幽体として霊界に存在します。その時には生殖器はありませんし性的感覚もありません。ソウルの中にはかなりの進化を遂げている人もあり、そうした人の多くは形のない状態で、意識の集合体として存在しています。そのような集合体では、完全にバランスが取れて調和が保たれていて、想像を絶する至福の状態になっています。この「想像を絶する」をもっと正確に表現すれば、あなたの現在の意識の自覚のレベルを超えるとなります。

今までの説明を聞いても、まだソウルが「神秘的」と感じるのなら、それは私の説明しすぎのせいだと思います。ソウルの説明は実際にはもっと簡単にまとめることができます。「神が、創造主の完璧な愛の光のエネルギーを用いて、崇高で神聖で不死身の存在を作ったのがあなた、すなわちソウルなのです。」

「人間になるソウルは決まっていて、その数には限りがあり、ソウルは何べんもリサイクルされたり何回も人として生まれ変わるのですか。それとも、中には赤ちゃんが生まれたときに地球のためのソウルが創られて、初めて人として赤ちゃんに入るソウルもあるのですか?」

この宇宙ではソウルの数には制限はありません。その数が限られたこともありません。これは、リサイクルされたり、生まれ変わりを繰り返しているからでもありません。地球である生涯を終えた後に、同じ人として新しい体に入るのではないという事です。(2014年2月3日のメッセージに詳しい説明あり)赤ちゃんが地球で生まれるために「新しく創られる」というのは確かです!それは、そのソウルにとっての「初めての肉体化」かもしれませんし-つまり、「累積」ソウル、「親」ソウルとしての経験は初めてかもしれません-でもこの赤ちゃん、つまりこの人としては、たった一度きりの肉体化なのです。「親」ソウルは別の人として肉体化する事ができますし、赤ちゃんに入ったばかりのソウルも別な人になれます;肉体を持った生涯というのは、そのすべてについてソウルが人として生まれる際は「最初で唯一」の生涯なのです。

別な読者からの関連した質問に答えます。赤ちゃんが成長し、亡くなった家族と同様な人格や才能が芽生えてくると、そうしたものは遺伝も関係してきます。でも亡くなった人と同様な道を進むとしたら、それは生まれる前にその人がそうすることに同意していたのかもしれません。また、さらに時が経つと、その子には別な才能や性質を発展させ、別な道を選ぶかもしれません。先ほどのソウルの説明の中で話したように、各ソウルは豊富な知識を持っているのですが、神聖な計らいによって、すべての知識は速やかに忘れ去られてしまいます。ですから子供たちは自分の考えや好みや目的に従って成長できるのです。

「3次元の脳が、ソウルと人の関係を理解することは可能ですか?人々がすべて独立して存在することが、どうして可能なのですか?それは、人は(時間が経てば)ソウルになるということなのですか?」

最初に言っておきたいのは、脳はコンピュータだということです。すべての記録が入力されています。その日までのその人のずべての経験と、学んだことと考えたこと、そのすべてが脳の記憶する部分に保管されています。もし必要となれば、脳は蓄えられた記録の中で、その時の状況に適切なものを取り出すことができます。そうすることで、人は行動を起こせるし、経験に基づいた反応を示すことができるのです。

しかしながら、3次元での脳が、データを受け入れることができる能力は限られています。受け入れられる情報は、その人が信じられることに限られたり、想像することができることだけに限られます。さらに、地球の文明では、ソウルと人の関係は、脳の能力を超えるものです。そのため、不滅のソウルの複数の生涯が同時に起きていて、しかもそれぞれの生涯が独立していて、さらにお互いにエネルギー的に緊密につながっている、ということを示すデータは脳にはないのです。

私たちの別なメッセージにある情報から、将来、人がソウルになることはない、ということが分かります。すべての人は始めからそして永遠にソウルなのです。

愛しき兄弟、姉妹の皆さん、私たちは無条件の愛をもってあなたたちをサポートします。あなたたちは、地球にいる我々宇宙家族の仲間が、いくつかの次元に存在する神自身である、ということに気付くための手伝いをしてくれているのです。

______________________________________

愛、平和。

スザンヌ・ウオード
Website: The Matthew Books
Email: suzy@matthewbooks.com
訳:誉田














Share |



Donations for our translators team are received in gratitude Thank You!!
If you send us an e-mail, we will give you the specifics.


Much information from the channelings, and from many other sources,
is brought together on our other website:

TheGreaterPicture.com




Galactic Channelings

Create Your Badge