Home チャネリングとは? 私たちのチャネラー 私たちについて Contact


Home > 日本語 > モンタギューキーン - October 24, 2010

October 24, 2010

人類の覚醒がおきている。世界中で変化がおきている。これは 喜びだ。

何世紀もの間市民を収監して、コントロールしてきた不正なシ ステム。これらの崩潰が進んでいる。市民はもはやこの不正な システムに従う事を止めはじめている。市民は本当の愛、自由 、平和に気づきはじめている。

光のメッセージに目を向けて。

David Fontanaが死んだ。Fontanaの死亡のニュースで私は自分 が死んだ時の恐怖の記憶がこころに蘇ってきた。恐ろしい体験 だった。

Fontanaも今やこっち(死後の世界)に来たという事だ。どん な気持ちだろうか。死は美しい体験である。いずれFontanaに もわかる。

ヴェロニカよ。私が病院で心臓のバイパス手術をうけベッドで 寝ていた時があっただろう。これは研究家たちの陰謀だったの だ。私の積み重ねてきた仕事の発表を阻害するのが目的だった のだ。私はSPRの一環として本を出版するつもりだった。そし て強迫をうけていた。研究家たちから。彼らの陰謀は成功した 。我々はその時の手紙を全部持っている。

ヴェロニカよ。私にとってもおまえにとってもこれは大きい学 びだった。つまり研究家の言う事を信じるな。彼らがやってい る事は真実を覆い隠す事なのだ。

闇はこれまで世界を冷酷に支配してきた。闇はこれまで市民の 苦しみをかえりみる事がなかった。闇はお金を印刷した。そし て市民にお金に関心を持たせた。市民はお金の奴隷になってい った。国は崩れていった。それまでこの世界にお金はなかった 。

今、強力なエネルギーが地球を包んでいる。誰もが今地球に変 化が起きている事に魂レベルで気づいている。 人類の覚醒がおきている。闇は自分たちが生き残るのに必死だ 。闇の溜め込んだ財産ももはや闇を救わない。

もうあなたは「敵が我々の国を攻撃しようとしている。」とい う類の政府のウソを信じる事はないだろう。今まで人民は常に そういう言葉で操られてきた。しかしもはやそういうコントロ ールはきかない。

世界は今新たな覚醒の時代に入っている。もう恐れも不安もな い。恐れや不安はこれまで闇の人民制御のツールだった。もう 洗脳の眠りから起きる時間だ。起きて愛と光に包まれているの を感じるのだ。あなたが今この地球にいる事は神の地球を救う 計画の一部。あなたが今この地球にいる事は神の地球を救う計 画の一部。そういう現実の中でに今起きている事に気づかない 人が多い。世界中で政府の力が弱まっている。テレビをみれば わかるだろう。いずれ政府が市民にすがるようになる。

あなた各々はもともと光の存在なのだ。ただ闇に支配されて暗 くされていただけなのだ。光が蘇っているのを感じているだろ う。世界ももともとの光の世界に少しづつ戻っている。もう汚 染された食物をも食べる事もない。汚染される空気を呼吸する 事もない。病気は過去のものになる。

この変化を計画したのは我々魂のネットワークだ。

モンティより。


Website: The Montague Keen Foundation
Translation: Gera Kaito


Would you like to comment on this message? Send us an e-mail! If we find it appropriate, we will place it under this message.
If you would like to receive an e-mail from us when there's a new message from Montague Keen,
please let us know and we'll add you to our mailing list.

Galactic Channelings

Create Your Badge