Home チャネリングとは? 私たちのチャネラー 私たちについて Contact


Home > 日本語 > モンタギューキーン - October 3, 2010

October 3, 2010

べロニカよ。先週は重要な週だった。おまえのおかげで、我々 の仕事は次のレベルに進んだ。 おまえはDavid IckeとMike Lambertと我々のビジョンについて 話し合ったね。とても重要な事だった。 Mikeの病院(The Shen Clinic)にも行っただろう。おまえはそ の事で薬を使わない治療のヒントをつかんだはずだ。

おまえにこれらの人と引き合わせたのは我々の計らいだった。 前にも警告したことと思う。闇はまた恐怖とパニックを作って 人類を制御しようとしている。闇は自らの計画実現のためなら 何人人が死んでもかまわない。

おまえの言った事は正しかった。闇はウィーンに集まって会議 をした。そこで人類を再びコントロールするために何をすべき かが話し合われた。彼らの意図は人類に対立をおこし戦わせる 事。今までずっとそうやって人類をコントロールしてきたのだ 。そしてこの先もずっとその方法でコントロール出来ると思っ ている。しかしこの地球は闇のコントロールから脱する。闇の コントロールの鎖を外す事はもう何でもない事だ。 自分の目で今おきている事を見るのだ。自分の頭で調べるのだ 。私を信用してほしい。実際におきている事なのだ。コントロ ールが実際どのようにして行なわれてきたかを知ったらあなた はショックをうけるだろう。闇がこれだけ大きくなった背景に 人類が手離しで彼らを信用し従ってきた事実がある。そして今 あなたは彼らの奴隷だ。彼らは権力者だ。 David IckeやMichael Tsarionや光のメッセージを発している 人の記事を読んでほしい。

我々魂のグループは人類の未来のための計画がある。真実が明 らかになったら、恐怖のコントロールが明らかになったら、愛 だけが真実となる。自分が信じる夢の世界を作る事は可能だ。 揺りかごにいる時から墓にはいる時まで、あなたが教えられる 事は「恐怖のコントロールに従え。」、「おまえは下だ。」、 そればかりだ。真実とはほど遠い架空の歴史をあなたに信じこ ませるためだ。あなたがたが学校で教わった歴史は人民のコン トロールと奴隷化のために作られたものだ。あなたがたはその 真実から程遠い歴史を信じてきた。人類が本当の世界を知る時 だ。彼らは再び恐怖のコントロールを作って人類を支配下にお こうとしている。彼らの恐怖のコントロールに屈しないで。

べロニカよ。ワイト島から帰ってきたばかりだったね。疲れて いる時にごめん。ストレスの多い旅だったね。船もキャンセル になって家に着く時間が遅れた。この魂の世界には時間という 概念がないのだ。その事を思い出して。いつも一緒だよ。光に 向って進む時。

モンティより。


Website: The Montague Keen Foundation
Translation: Gera Kaito


Would you like to comment on this message? Send us an e-mail! If we find it appropriate, we will place it under this message.
If you would like to receive an e-mail from us when there's a new message from Montague Keen,
please let us know and we'll add you to our mailing list.

Galactic Channelings

Create Your Badge