Home チャネリングとは? 私たちのチャネラー 私たちについて Contact


Home > 日本語 > 6月9日:ブロッサム・グッドチャイルドを通して



6月9日:ブロッサム・グッドチャイルドを通して~光の銀河連合からのメッセージ~

ブロッサム:こんにちは!先週のメッセージは多くの方にとって、度肝を抜かれる内容だったかと思います。光の銀河連合のみなさんが言っていた事を私は全部受け入れますが、全部理解できたという訳ではありません!一日の終わりには…別に理解する/しないはどうだって良いのだと感じます。大事なのは、愛し/愛されている実感を持つ事ですよね。私にとって、ここ地球に来たのは地球のバイブレーションをより高く/より良い場所へと上昇させる為だけではなく、‘自分探し’の為でもあるのです。‘神である自分’を自分の内に見つける事。

光の銀河連合:本日は、最大限のハートを込めて、みなさんを歓迎させて頂きます。それぞれの道をたどりながら行動している方々は、再び出会います…神である自分に。

ブロッサム:非常に興味深い言葉ですね…‘神’。人によっては聞くとハートが温まり、癒し、気分を上昇させますが、そうでない人は聞くだけで思考が停止してしまいます。たぶんは私にとっての神は源であり、愛です。カトリック教徒(全寮制修道院学校、父は厳格なカトリック)として育てられましたから ‘神’という言葉は長い間、私の思考を停止させる用語でした。今はもう、大分心地よく感じるようになりましたが。

光の銀河連合:そうですね、あくまでも単なる‘言葉’ですから。とは言え、言葉にもコードが含まれているし、独自の音声バイブレーションもあります。ですから、例えその言葉は自分に合わないと思ったとしても…より高いバイブレーション上では自分と調和しているという事があるのです。

ブロッサム:とはいえ、単なる‘言葉’なのですよね?以前にホワイトクラウドが言ってたのですが、例え神を表す言葉が‘編み棒’であったとしても良いのだと。その中に含まれる感情が大事で、その言葉の裏に隠された意図が、それ自体を表現するのだと。

光の銀河連合:それも、もちろん理に適っています。言葉によっては、耳に不快に感じるものもあります…それはその言葉の持つ音のバイブレーションというのがあるからです…しかし、同じ言葉をハートの‘違う場所’から発してみると…それほど不快ではなくなる事もあります。

ブロッサム:では、‘神’を表現する言葉は何が良いの?神が何者であるかの認識の違いにもよるのかしら?

光の銀河連合:あなたは、2つの質問をされましたか?

ブロッサム:まあ、そうでしょうか。

光の銀河連合:では、神をどう呼ぶかについては…地球のみなさんの最善の為に私たちが選ぶとしたら…‘ヤーウェー(Yahweh)’でしょうか。

ブロッサム:マジですか!どこからともなく来ましたよこの言葉。でも、遠い記憶の中で聞いた事があるような、でも詳しい事は何も分かりません。グーグルで検索したい衝動が抑えられませんが、ひとまずあなた方の説明を聞いた上で‘全能なグーグル先生’で検索して比較してみたいと思います。なんて楽しいのでしょう!

光の銀河連合:ヤーウェーとは…最も栄誉のある究極であり、あらゆる全てであり、最も高く深く尊敬されるものです。それは与える事、受け入れる事でもあり、一つの存在の最も深いところから溢れ出すものです。それは、存在するありとあらゆる全てで、存在する中で最も高いバイブブレーションの愛です。

ブロッサム:そう言われると…どうしても‘そういう存在’を思い浮かべてしまいます。そこに多くの混乱の原因があると思うのです。カトリック教徒として育ってきて、神が男の人であるという感覚を拭い去るのに多くの時間と神に関する多くのリサーチが必要でした。今回みなさんがヤーウェーと言った時、‘彼は~’という言い方をしても良いのですか?

光の銀河連合:それは誤解です。彼、彼女、私たち、彼ら、あなた…ヤーウェーはこの全てを代表していながら、そのどれにも当てはまりません。性別は無く、誰の肩を持つ事もありません。何故なら、それは全員であり全てであるからです。

ブロッサム:それは分かりますし、‘上の方に居る方’では無く自分の中にある…という事も受け入れます。それはどこにでもあるのですよね…何故なら全てであるから。知識としては‘もう見つけた’…それは‘私だった’、その様に受け入れているのですが、未だに上の方やらあちらこちらを探してしまうのです!

だって、自分がそうであるとは感じないから。私は多分、何か光のショーみたいのを待っているのだと思います。その件についてはもうあまり考えなくはなりましたが、自分の中にはまだ期待が残っているようです。

光の銀河連合:光のショーって何ですか?

ブロッサム:多くの方が経験したような、まばゆい光に包まれて神(?)が話しかけてくる感じの。もしくは、経験した事の無い愛と平穏を感じるとか。そういう経験をするって本当にすごいし、「真実」を抱き続ける為の励みにもなりますよね。

光の銀河連合:あなたのいう「真実」とは何を指しているのですか?

ブロッサム:そう来ますか!!!この光が何であるかを知っている私の中の「真実」、私がその一部である神聖な在り方の事です。

光の銀河連合:ブロッサム、あなたは何故それを知らないかのように感じているのですか?

ブロッサム:だって、他の人たちはもっとすごい経験をしているんですよ。私の可能な範囲で感じる喜びや愛の感情はとっても素晴らしいですよ、でもその上の経験を人は常に求めるものではないですか?

光の銀河連合:それはどういう経験ですか?

ブロッサム:そんなの知りませんよ、逆に教えて欲しいくらいです。

光の銀河連合:それはきっと、そういった体験をした人はその時点で、準備が出来ていたからではないでしょうか。

ブロッサム:私に言わせれば、多くの方が準備万端で待っていますけど。っていうか、準備が出来ているとはどういう定義なの?以前もこういった話をして…どん詰まりになった気がします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほらね、何も出てこない。これは、私が‘どん詰まり’って言ったから、とは言わせませんよ。

光の銀河連合:いいえ、そうではありません。みなさんに少し考えて頂きたかったので、わざと無言になったのです。

ブロッサム:では、ここでハッキリさせましょう。私は準備ができていないのですか?

光の銀河連合:できています。

ブロッサム:で?

光の銀河連合:そういった経験をしたところで、何かが変わりますか?

ブロッサム:大きく変わると…思います!時々、寝てる時とか起きている時でも…そういう経験の小さいバージョンみたいのを感じるのですが…小さくともそういう経験をすると、自分は‘正しい道を歩んでいる’と感じる事が出来るのです。ですから「大規模な未知との遭遇」みたいのがあれば、それだけで一生この道で頑張っていけると思うのです。他の人もそうだと思いますよ。

光の銀河連合:そういった経験を既にした人たちはこう言っていませんか?「またあのような体験をしてみたい。でも、できなくて苛立ちを感じる」と?

ブロッサム:はい、そうみたいですね。

光の銀河連合:結局、それだけでは満足しないのでは。

ブロッサム:え?なんで?申し訳ないけど、そうは思いません。ちょっと訳が分からなくなってきました。時々、みなさんとのやり取りの途中で私は迷子になり…私も、読者のみなさんも混乱してしまいます。別にみなさんにクレームをつけている訳ではありませんよ…ただ言っただけです。私は今もしっかりと存在として正常に流れています。で、ここからどう説明して頂けるのかしら。

光の銀河連合:では、このようにしましょう。みなさんが探し求めているもの…全ての疑問を払拭するような…究極の体験…それはみなさんの目の前にあります…みなさんの準備が整い次第です。そして、私たちは言います…あなたの準備は既にできています。全ての人が、あらゆる瞬間に準備が出来ています。ただそれを「知れば」良いだけの事です。

ブロッサム:では、反論を開始します…究極的な経験を既にした方の多くは、そういった事を事前情報として知らないで経験しています。

光の銀河連合:どうして、知らなかったと言えるのですか?

ブロッサム:それは分かりません。じゃ、自分の準備が出来ているかどうかはどうやって知り得るのですか、私は自分の準備が出来てると理解していますけど。

光の銀河連合:では、お聞きします。あなたにはその経験が必要だと感じますか?

ブロッサム:いいえ。ただ、そうなれば良いなと思うだけで。みんな同じ気持ちだと思いますが?

光の銀河連合:もちろん、全ての人が経験できます。みなさんは同じ気持ちでしょう。

ブロッサム:分かります。そしてあなたが、同じ事を繰り返し言うのは、私たちが理解するまで言い続けないといけないからですよね。それ以外に、私たちに分からせる方法がないから。でも、まだ分からないのです…何というか、その仕組みが分からないのです…全然感じないんですもん。

光の銀河連合:もしかしたら、今この瞬間生きようとあなたが選択している要素の中、この人生では、この肉体では…それを「知らない」だけかもしれません。

ブロッサム:あなたの言う「知る」とは、全て…私に関する全部という意味ですよね?何でそれを知るのに苦労しなければならないのですか?だってそうでしょう…実際に感じられるのは、ほんの小さい、微かな、一瞬の自分だけですよね。この人間の身体ではそれが限界ですよね。それはどういう事でしょうか?

光の銀河連合:それは、自己の‘経験’です。それは、既に知っている事を再び知り、認識するに至る過程です。自己を再発見し、完全に自覚を持つと…見えてくるし、あなたはそれを受け入れます。あなたは本来の自分を再び認識します。それは新しく感じられ、素晴らしい経験となります。あなたは自分を通して喜びを感じます…そして、そうである事/自分に…対して感謝します。あなたは、本来の自分に戻ったと認識する事が出来ると同時に…それがどういう状態かを初めて知ります…ずっと「そうであった」にもかかわらず!

ブロッサム:ではつまり、この身体では本当の自分や全てを思い出せないのは…全てや真の自分を‘経験’し、思い出さなければなければならないからですね。もしずっと、真の自分のままだったら、それが何か知り得ないし、比較しなければ分からないですからね。つまり、何兆分の様々なパターンで比較を経験したうえで、真の自分が何者であるかを知る事が出来るのですね。真の自分と正反対の‘在り方’を経験する事で。
なんか、分かってきました!

光の銀河連合:自信を持って、合格のバッジを差し上げます。

ブロッサム:それって、先週話していた「頑張ったで賞」のバッジ?

光の銀河連合:はい、そのおかげでここまで来れた。そして、あなたが謙虚に答えを求め続けて下さった結果、多くの読者の方も一緒にここまで来れましたね。

ブロッサム:本当ですか!

光の銀河連合:ですから、あなたは自分が‘単に’うまく適応しようとしているだけである事に、深い部分で気が付き始めると…より早く知識が理解へと変わります。

前回お話しした、糸の玉の話に戻りましょう。今回は、その糸の玉がほどかれた状態であると想像してください(それは、どれだけ長いのでしょう?)…最後の最後までほどけています。その糸の上にはその時その時の自己のそれぞれの成長段階における‘経験’が刻まれています。最初の端はレベル1で、最後の端は究極の愛だとし、それをレベル10としましょう。

糸は巻けば巻くほど、元の玉の状態に戻っていきます…自分が完全な姿に戻っていくのを体験します。完全な自分に戻ると同時に、究極の自分と再会/再認識しながら自分を思い出します。そして完全な姿に近付いてくると、より本来の自分になれます。今まで‘自分はそうでは無い’と‘信じていた状態’が…今は‘実はそうだった’という事が分かります。糸が巻かれ、玉が元の完成形に近づくほど、そうなります。この説明でお分かり頂けますか?

ブロッサム:まあ、ある程度は。とはいえ、また疑問が…

光の銀河連合:疑問は尽きませんね。今日はここまでにして…続きは来週…という事にしますか?

ブロッサム:それは非常に嬉しいです。早速、今から‘ヤーウェー’をグーグルで検索します。今後はチャネリングもグーグルでしようかしら!ではでは、数々の‘教え’に対して愛と感謝を送ります。


Website: Blossom Goodchild
翻訳JUN









親愛なる世界の市民よ・・・私たち GalacticChannelings.com の日本語ウエブサイトに投稿し、翻訳し、協力してくれる人を必要としています。あなたのハートでそうしたいと感じたら、できるだけ早く、私たちにEメールを送ってください。あなたが他の英語から他の言語への翻訳ができるのなら、あるいはウエブマスターとしての技能をお持ちなら、助かります。この様な技能をお持ちでなくても、私たちを支援していただけるのなら、歓迎です。Eメールを日本語で、info@galacticchannelings.comに送ってください。
ありがとうございます。
愛をもって、
チーム、GalacticChannelings.com






Share |


Galactic Channelings

Create Your Badge