Home チャネリングとは? 私たちのチャネラー 私たちについて Contact


Home > 日本語 > モンタギューキーン - May 2, 2010

May 2, 2010

妻よ、私はおまえに約束したよね。現世の世界とのコミュニケ ーションを確立するために我々は我々のチームになる人を呼ん でくると。きみもそのコミュニケーションのチームを得て、い っしょに地球の新しい時代をつくっていくんだ。 宗教がきみを高めてくれるなんて思うな。宗教は人類を高める 事はできなかったのだ。

私が君たちに伝える情報は、死後に世界があるということを証 明するための情報だ。宗教の教えを伝えることじゃない。きみ が死後の世界を知ろうとしても宗教はそれを禁じるだろう。き みが死後の世界を知ろうとしたら宗教者はステーキを焼いて邪 魔するだろう。きみが自分の精神を高めようとしたら宗教者は きみを罰してやめさせようとするだろう。前にも私は何度も言 ってきたが「恐れ」は闇のコントロールのための「酸素」、つ まり欠くべからざるものなのさ。恐怖、怒り、ストレスをつく りだすために闇がやってきたことを見ればいい。今の世界を動 かしている本当の黒幕は表には出てこない。たくさんの資源が このことのために使われた。マインドコントロールはこの黒幕 の支配のための強力なツールだ。

妻よ、私がはじめて霊体になったとき、私はある科学者が誤り を犯していることがよくわかった。その時私がきみに伝えたメ ッセージを憶えているよね?その科学者は恐怖をつくりだして いる張本人だったのさ。大衆はその科学者が言うことを馬鹿み たいに信じ込んでいる。キチンと調べてみつけたことだと信じ 込んでいるのさ。その科学者は我々に過去世界に入るポータル を開くことができるか訊いてきた。我々はできると言った。そ して過去世界に入るポータルを開いた。地球で生きていたころ の話だ。私はきみに未来の映像を見せた。きみはその映像を友 達に見せた。その友達に見せた映像が私がきみに見せた映像と 同じだと証明できた。妻よ、私がきみに経験させたのはそのポ ータルだけではなかったよね?人類が洗脳されるまえ、人類は 時間旅行をすることができた。ストーンヘンジのような巨石を 持ち上げることだってできた。ピラミッドやニューグランジの ような建造物を作った。そしてその後人類は急速にその能力を 失っていった。

人類はもう一度学び直すのだ。魂と意識を使った自分たちの肉 体の使い方を。この術は現在隠蔽されている。きみたちひとり ひとりは光の存在なのだ。それなのにきみたちはコントロール されてその能力を失っている。

人類は覚醒しつつある。デビッドイックルも本に書いている。 本の詳しい内容は君が伝えてくれ。その本には私が言った事と 同じ事が書いてある。この本の出版のタイミングは完璧で霊に 導かれたものだった。私が地球にいたころ、イックルが変わり 者だという話を鵜呑みにしてイックルの本を読まなかった。馬 鹿だった。今もデビッドイックルの書いた記事を真面目に読む のを邪魔する人がいる。デビッドイックルの書いた記事が本当 のことだからだ。今が決断のときだ。きみはいま分岐点にいる のだ。

デビッドイックルの本にこう書いてある。「人類よ立ち上がれ 。リヨンはいつまでも眠ってはいない。」。リヨンは人類を操 り人類を新たなレベルに導く。真実は長く隠し続かれ人類はそ のことで被害を被っている。もはや真実を隠し通すことはでき ない。私のメッセージを伝えてくれるみなさんに感謝する。み なさんがすべて重要なのだ。デビッドイックルは訊ねる。「我 々は我々の天才、無限の意識を覚醒しようとしているのだろう か?」、それを選ぶかどうかはきみ次第だ。君たちが前にすす むために考えるべきことはまだたくさんある。2010年は重 要な年だ。私のメッセージを受け入れてほしい。きみの任務は 重大だ。きみの永遠の夫モンティより。


Website: The Montague Keen Foundation
Translation: Gera Kaito


Would you like to comment on this message? Send us an e-mail! If we find it appropriate, we will place it under this message.
If you would like to receive an e-mail from us when there's a new message from Montague Keen,
please let us know and we'll add you to our mailing list.

Galactic Channelings

Create Your Badge