Home チャネリングとは? 私たちのチャネラー 私たちについて Contact


Home > 日本語 > Mike Quinsey - SaLuSa, August 16, 2010

SaLuSa, August 16, 2010

皆さんのリアリティーとは、自分自身で創り出したイリュージョン(幻想)と言い換えられるべきものです。初期の文明に起きたような道とは別の道を人類はスピリチャルなピークに達した後でたどることもできたのです。アトランティスの崩壊に続いて、残された人類は文明の残骸を拾い集めて生きてきました。多くの地域の洞窟に人々が住みついたのがその子孫たちです。自然にエッセネ派のような高度なスピリチャル共同体が形成されましたが、長期にわたってその組織を維持するには対立する勢力が多すぎたのです。ネガティブなエネルギーが強力に地球を包んでいて、皆さんはそれに打ち勝つためにもがいてきました。結果的に歴史に示されるように、人生はスピリチュアルな方向性を欠いた一連の体験となったのです。

しかし、より最近の時代に起きたことは、地球に光をもたらす創造主の計画を明確にしています。多くのファクターが含まれているために、それはゆっくりしたペースで進んできました。皆さんは自分の意識を広げることを求められましたが、それは過重な負担にならないペースでゆっくりと積み重ねられてきました。その計画が大きな成功を収めていることは、前世期に皆さんが遂げた大きな前進によって証明されました。皆さんも理解されていると思いますが、これまでの二元性の次元の終わりと共に皆さんはアセンドする運命を実現することになります。別の方向に向かう可能性もあったのですが、高次元の力が大きく働いて皆さんを上昇させたのです。さらに私たちの勢力が皆さんを守ってアセンションへ向かうように援助してきました。私たちは皆さんが自由意志によって次の進化への前進のステップを選ぶように援助してきたのです。もし皆さんが暗闇の中に落ちる道を選んでいたら、私たちは皆さんの自由意志に干渉できずに介入することができずにいたことでしょう。

ですから、皆さんは未来を自分が選んだものと見なすことができるのです。アセンションは二元性を離れるすばらしい機会に見えますが、まだ多くのソウルたちがそのような大きな飛躍的な前進に備えていないようです。彼らはこれまで通り3次元で生活を続けることができますし、そうすることで意識の進化が進まなくなることもありません。すべては常に進化していて、真の自分自身を見失ったソウルたちもやがては、光へ帰る道を見つけることになるのです。それは高次元にいた皆さんが二元性のサイクルに入る試練を選んだ時にしていた約束なのです。誰かがこう言うのを聞いたことはありませんか?「今体験していることより良いことがあるに違いない」皆さんが創り出した現実であるにしても、それは永続的な状況ではありません。今皆さんはその最終段階に近づいているのです。

銀河連邦には数多くの文明がメンバーとして加わっていて、皆さんの中には元々そこから来ている人々もいます。そして彼らはおそらくそこへ戻りたいと願っているはずです。すべての勇敢なソウルたちは人類に光をもたらすために地球に転生しましたが、同時にそれは危険な状況でもありました。闇の勢力は常に皆さんが真実を知ることを妨害して、イエス・キリストを含む多くの光のソウルたちを殺害してきたのです。しかし彼らがただ存在したというだけで、それに続く者たちに影響を及ぼすエネルギーを後に残してきました。何世紀にも及ぶ迫害にもかかわらず、何とか光の道をたどる者たちはメッセージを後に残してきました。そしてそのメッセージが皆さんの意識の拡大を援助してきたのです。私たちは皆さんを眺めながら、これまでくぐり抜けてきた道筋を充分に理解するとともに、闇の勢力が皆さんを道から離そうとして企てる最後の抵抗にも踏みとどまっている皆さんの強さに感銘を感じています。

私たちの見解では、上昇に向かう皆さんの努力は今の生活を自分自身の最高の表現に高めることをずっと容易にします。そうすることで皆さんは自分の中心に位置して未来にフォーカスし、皆さんの関心をゴールからそらそうとする目論みを防ぐことができるのです。それがこれまで容易でなかったのは、皆さんは決まったやり方で行動し、言われたことを受け入れるように条件づけられてきたからです。皆さんは絶えずメディアや他のソースからの情報にさらされて、闇の勢力によるコントロールに服従するべきだと信じ込まされてきました。皆さんに申し上げておきたいことは、皆さんは尊厳のある存在であり、これまで否定されてきた権利を持っているということです。そしてその権利は近い将来回復されることになります。実際に皆さんは栄誉を与えられ敬意を払われる資格を持っていて、その栄誉は皆さんの創造主への信仰と愛に由来するものなのです。その信仰は闇の勢力が創造主と皆さんを切り離そうと画策した目論見にも関わらず存続し続けてきました。まだ自分の内側に創造主を見出していないソウルたちもいますが、やがてすべてのソウルたちが自分の内側に再点火され得る創造主の輝きを見出すことになるのです。

皆さんは今、闇の勢力の支配が終わる断末魔の苦しみを見ています。彼らの力と権力は急速に衰えています。光が起きていたことを明らかにして低いエネルギーを変性しているために、彼らはもう持ちこたえることができないのです。いくつもの国々を襲った災害もかかわらず、すべては順調に進んでいるといえます。皆さんの心のこもった反応と同情はゆっくりと影響を及ぼしています。それはすべての生命の一体感(ワンネス)と皆さんが互いに相互依存している事実への理解に根差す感情なのです。今起きていることを眺めながら、私たちが皆さんにお伝えしたいことは、恐れるべきことは何もないということです。皆さんはすべての問題をすみやかに克服していくよう定められていて、もちろん私たちも援助の手を差し伸べていきます。事態の明るい面を見つめるようにしてください。そうすれば皆さんには自分に求められていることができるようになるはずです。

皆さんを援助する活動は私たちには容易だと言う人々がいます。もちろんそれは難しくはありません。その理由は私たちはずっと前に今皆さんの次元にある低いエネルギーを体験する必要を終えているからです。そしてそのことが皆さんすべてへの愛と気遣いに障害になることもありません。私たちができる援助を提供して宇宙法則に従うことを選択できるのは私たちにとって喜びなのです。闇の勢力には宇宙法則に従う意志がないのですが、その法則に縛られていて自分たちの行動を問いただされる立場に置かれることになります。彼らは尋問を拒んで自分たちの凶悪な行為から逃げ出せると信じていますが、生きている人々すべての行動は高次元に記録されているのです。すべてが高次元に記録されるべき理由は、皆さんがいつかどこへ戻った時に自分の転生を振り返る必要があるからです。皆さんにはこの言葉を覚えておいてほしいと思います。それぞれの転生を振り返るのは「あなた」であり、他の誰かがふり返るのではありません。あなた自身が自分の転生で他の生命にどのような影響を及ぼしたのかを見直さなければならないのです。皆さんにはガイドや天使たちがついていて必要ならアドバイスを受けることもできたのです。皆さんは外側から眺めているのですから、自分自身や他者を裁くべきではありません。それぞれのソウルが同じこと(自分の転生を振り返る?)をするのですから・・そして以前に人生を共にしたソウルたちとまた再会することになるでしょう。

私はシリウスのサ・ルー・サ、愛の祝福をこのメッセージの最後に贈ります。アセンションへの道が成功するよう願っています。

ありがとう、サ・ルー・サ
Mike Quinsey.
Website: Tree of the Golden Light
Translation: flatheat


Would you like to comment on this message? Send us an e-mail! If we find it appropriate, we will place it under this message.
If you would like to receive an e-mail from us when there's a new message from Mike Quinsey,
please let us know and we'll add you to our mailing list.

Galactic Channelings

Create Your Badge