Home チャネリングとは? 私たちのチャネラー 私たちについて Contact


Home > 日本語 > Matthew Ward - December 29, 2012

Matthew Ward - December 29, 2012

私はマシューです。興奮と一杯の興味のうちに待たれていた12月21日が来て、過ぎてゆきました。
この日の経験は、ソウル一人一人について独自のものです。それにも関わらず、ライトワーカーの大多数の感じは、ある者についてはスピリチュアルな高まりであり、別の者については平和と幸福
の感じ、大きい変化が見られると期待していた者には失望の時として述べることが出来ます。終末論に従う者を除いては、マヤ暦に対してなんら関心を持っていなかったそのほかの一般の人たちにとっては、何もおきなかったという反応だったということを知っています。

愛する地球ファミリーよ、普通のこと以外の何か絶対的なことは起こらなかったのです!この冬至に地球上に定着した強力なエネルギーが数百万の人たちを照らしたことを知っているのなら、私たちと共に喜び合いましょう。これらの人たちには、地球の次元上昇について何も知らなかったり、日和見的な人だったり、闇の道に向けて偏りがちだった人も含みます。知らないでいたとしても、これら全ての人たちは、集合的に世界の悪を正す望みと決意を強化しました。

あなた方はこれを私たちの観点からは見られませんが、大量の愛と光のエネルギーの流入の効果を見ることになるでしょう。世界の人々は、大量の無差別射撃又は暴虐、ホームレス、飢餓から逃れるための争いや死のためのショックや悲しみに打ちひしがれている人たちのための深い共感を、今までに増して感じることでしょう。

あらゆる方法で他者を助けようとする人たちが常に見られます。新しいことは、ソウルレベルで知られていたすべてのもののワンネスが意識に上り、苦しんでいる人たち全てとのつながり感が穏やかに浮上してきていることです。

最近の光の流入は世界中の暴力を終わらせようとのソウルレベルの統合意図を創りだし、貧困にあえぐ多数の大衆を向上させています。これが、この意図に合致する思想と行動が可能であるという信念へと昇華し、これを達成するためのしっかりとした歩みを取らせることになります。

連続体の中でこれが既成事実であることをあなた方は知っています。しかし、地球上のほとんどの人たちの三次元の意識の程度は一定ではありませんでしたし、このレベルの可能性は三次元の密度の感覚の力の範囲内であり、教えられていたことです。

人々の、心からの世界平和と善の願いは本物ですが、信念の制約は、現実になり得る疑念を呼んでしまいます。信念は現実を呼ぶという宇宙の法は一人一人の暮らしに影響を与えるということは広く知られているので、以前文明の中に浸透していた信念では、世界における多くの忌まわしい状況が救いがたいとするものだったことは、理解できます。今は、ソウルレベルでの理解は、”不可能”から、”可能かもしれないから、ためしてみよう!”に変化しつつあります。

地球には、第三密度の最後の断片が僅かに残っているだけなので、それらが、闇が入って来られない第四密度の輝かしく、力強い最初の断片に並んでいることが、ほとんど感知できません。全ての光の存在は、宇宙の歴史において前例のない輝かしい成果を喜んでいますが、それが地球が突然パラダイスに変態することを意味するのではありません。

激しい嵐のは、死と破壊を残しえゆきますが、闇も同じです。しかし嵐は数時間で過ぎ去り、世界中に痕跡を残すわけではありません。闇は、数千年に亘って地球上の生命を支配し、現在の世界の状態は、闇に長年に亘って荒らされた跡です。闇は、この惑星に対する障害と多くの人のマインドに対する影響を残してゆきました。

あなた方の内のいくらかは、闇が残したゴミの清掃は、私たちの宇宙ファミリーが着陸した後に初めて行えることを知っています。宇宙ファミリーが技術を持ち込んであなた方と共に働きたいと思う限りは、あなた方の集合意識の中には、このような支援の可能性さえ記録に強く残されることはないでしょう。この場合のポジティブな点は、この惑星上のソウルたちが、又他のソウルもすぐにそうなることでしょうが、変える必要があることを変えるために主導的な役割を果たすということです。

過去しばらくの間に起きた変化をどうか見過ごさないでください。非常に多くの欺瞞と腐敗が明らかになり、いくつかの国では、市民たちが立ち上がって圧制のくびきを排除しました。選挙で選ばれた政府が市民のニーズを汲み取らなかった場合には、成長しつつある草の根運動が変化を強要しました。不調な経済によって打撃を受けた人々は、苦難に立ち向かうだけではなく、苦難を克服する巧妙な方法を開発もしました。

あなた方の周りで暮らしている地球外生命体(ET)はこれらの事を支援しましたが、あなた方が果たした役割も自分で認めてください。光の中でのあなた方のすばらしい活躍と堅実性は大きい貢献をしました。あなた方の祈り、輝かしい地球の視覚化、貧乏な人との物資の分かち合い、環境保護関係団体の支援、他の価値有る努力は評価しがたい程です。

実際は、もっと多くのことを実施しなければなりませんし、努力が続き、光のモーメントが迅速に広く広がると、あなた方はプランと意図が実を結ぶのを見ることになるでしょう。抵抗と反撃は交渉、協力及び統一につながり、あなた方の平和と自然との調和のうちに暮らしたいという希望に合致した新年があなた方のものになるでしょう。

試行錯誤、過失を伴う爆発的な活動が行われるでしょうが、前進の中止よりは、このような試行錯誤のほうが集合体を強化し、平和的、健康的、美しい、あなた方が望む世界の創造に向かうコースに留まるための解決に向かう体質を強化するでしょう。

より多くの宇宙ファミリーメンバーがあなた方に参加して来ますが、これはあなた方の世界であり、あなた方に責任があることは確かなことです。あるライトワーカーは今、あるいはこれから、指導的な立場に立つでしょうが、ほとんどの人たちは目覚めつつあるソウル、及びまだその域に達していない者のために道を示す者になり、単に光を生かすだけで十分です。

長年の間この惑星上にはなかったレベルの振動数が広まって、あなた方の振動数を向上させ、あなた方のエッセンスの光がいまだかつてなかった程の大きい力で放射されています。この光はあなた方が暮らしに触れている人々の思考と感情に良い効果をもたらし、流れ出してネガティビティーの残りに光を当てる助けをします。

あなた方が放射する光は、12月21日に対する期待が満たされなかったので傷ついた、あなた方に近いスピリットを向上させるでしょう。この日には世界の状況は大幅には改善されませんでしたが、この期待についてお話をしましょう。信念は現実を創造する、という宇宙の法に立ち返りますが、信念はその環境において現実的でなければならない、という実現の法も考慮に入れなければなりません。

例えば、ある者が大きい速度の列車が数メートル手前にまで来ているのに、線路を安全に渡れると信じているとしましょう。この者は、危険物の非物質化、又は瞬間移動が出来ないという集合意識を持つ環境の地球にいるので、安全に渡ることはできません。したがって、このようなことはあなた方の世界では、現実でもなく、可能でもありません。

これは12月21日の満たされなかった期待についても同じです。地球の大多数の人たちはたった今、世界を良い場所にすることが可能だと思い始めたばかりです。大きい変化が、ある特定の日に世界中に起きると言うことは信念システム中には存在しないので、集合意識は強くはなく、その文明の創造力にはなりません。したがってある特定の日に起きる世界的な大きい変化に対する期待は地球の環境では現実的ではありません。

終末論を信じる人については、同期から外れ、集合意識にも同調していませんでした。地球が自己破壊をしたり、破壊されたりするという信念はガイアの体とその全ての生命体の黄金時代のビジョンとは正反対であり、神はガイアの望みを重んじたのです。

これが以前のメッセージで、確信をもって、12月21日の前後の日はこれまでの日と変化はない、と申し上げていた理由です。12月21日には地球が第四密度に達したというテープカット儀式は無い、と冗談めかしに言ったことがあります。

別世界からの私たちのファミリーの到着に関する一つの文明での集合意識の影響への追加的要素もあります。あなた方は宇宙船の着陸とあなた方間で暮らしているメンバーとの面会を熱心に望んでいました。

しかし、社会の圧倒的大多数が感じる興奮だけではなく、実際にエイリアンが助けに来たり、既に私たちの間で暮らしているということはあなた方の信念システム中には存在しません。さらに、大部分の者のETに関する考えは映画に見られるように、怪獣のような侵略者なのです。

以前のメッセージで言ったように、これまでは、宇宙の最高評議会がETの到着と紹介のタイミングに対する公式の責任を担っていましたが、今は神が責任を持っています。神は、評議会から地球の人々が宇宙船の大量着陸と、異常な風貌の者たちを心理的に見る用意が出来るのかを決める重い責任を取り除きました。神は、面会が恐れではなく歓迎の中で行われるようになれば、ゴー、と言うでしょうし、私たち全てがその機会が来ることを知っているので、神も、その喜び溢れる機会を望んでいます。

神のこの舵取りは、私たちが以前のメッセージで伝えたことからの変化です。私たちの暮らしにおけると同様に、変化は宇宙の頂点で起こります。ですから、私たちが誤まった情報を流し、後で取り消すということはありません。私たちはメッセージを伝える時点で知られていることを、その後大きい変化があればその都度お伝えします。

ある人たちは、私たちがどこから情報を得るのかを聞くことがあります。あるものは自分で見出した私たちのソウルレベルの知識又は記憶であり、最も適切かつ簡潔には、普遍的な知識と言って良いでしょう。私たちは他のソウル以上の情報をもっているわけではありません。私たちは単に、スピリチュアルに、意識的に進化しているだけであり、進化の程度が低いソウルに比較すると、知識の倉庫の中にある記憶に触れる機会が多いだけです。

私たちの情報は、地球で起きていることについてのものであり、多くの情報源から得たもので、情報がいわば、同じ野球場から複数の情報源から来る場合には、自信をもってお伝えしています。一つの源は神です。神が艦隊司令官にゴーと言うように評議会に命じる時のことを私たちに告げました。評議会は、もう一つの源であり、ハットンは良い友人です。彼は、銀河間艦隊の司令官であり、地球及び宇宙との間の通信指揮者です。私たちは又、地球上の活動を監視しているニルバーナの乗員、及び、このステーションでさえ驚異的に思われ、スピリチュアルに、知的に、技術的にはるかに大きく進化している文明と連絡を取っています。

私たちはアカシックレコードや、宇宙と地球の大衆意識を見ることが出来、地球のエネルギー場の状態を知っています。可能性が確率になり確率が確度になるのはこのエネルギー場においてなのであり、特定の出来事に投入されるあなた方の集合的な想念、感情、及び行動次第なのです。

さて今、地球のこれからの経過は、惑星の配置における自然の変化が太陽系に強力なエネルギーの高まりを引き起こしていた過去数ヶ月間のそれよりも滑らかでしょう。体がますます高まる振動周波数に対する調整を続けたので、多くの人が戸惑うような肉体的、情動的、心理的な異常を感じたこのような高まりは、地球の第四密度へのゲートウエイへの到達に必要な飛躍的前進を可能にしました。

今後は、結晶性細胞構造と地球の次元上昇のコースに沿う光の強化の複合があなた方の体をより安定にするでしょう。そうすれば、如何なる事態が起きようとも、あなた方は平静さ、自己に対する自信、内なる智恵で対処できるでしょう。

いくつかの例外を除いては、あなた方の科学者は、天文物理学と技術の上で、光を見、宗教は、ソウルの分野として愛を見ています。科学の光とソウルの愛が一つのものであり、同じエネルギーであり、それが宇宙で最強の力であることが知られるようになるでしょう。今はこのエネルギーが、ガイアとその惑星としての体の神の完璧性による創造以来、最も豊富に世界中に降り注がれていて、地球とその住民の傷も癒されるようになるでしょう。

この宇宙全体の光の存在たちが、今まで以上に、目に見えない支援者であり、アシスタントであることを知りながら、2013年に入ってください。そこで喜ばしいことは、私たちがあなた方に対して感じているものと同じ無条件の愛を感じることです。

______________________________________

LOVE and PEACE

Suzanne Ward
Website: The Matthew Books
Email: suzy@matthewbooks.com
Translation: Taki

親愛なる世界の市民よ・・・私たち GalacticChannelings.com の日本語ウエブサイトに投稿し、翻訳し、協力してくれる人を必要としています。あなたのハートでそうしたいと感じたら、できるだけ早く、私たちにEメールを送ってください。あなたが他の英語から他の言語への翻訳ができるのなら、あるいはウエブマスターとしての技能をお持ちなら、助かります。この様な技能をお持ちでなくても、私たちを支援していただけるのなら、歓迎です。Eメールを日本語で、 info@galacticchannelings.comに送ってください。
ありがとうございます。
愛をもって、
チーム、 GalacticChannelings.com




Share |


Galactic Channelings

Create Your Badge